遺され村の美術展


柳哲也





<作品解説>


普段は平面の油絵を主に制作してるんですが、今回参加させてもらう事となり現地に下見に行った時に、平面じゃない違う表現方法で参加したいと思いました。
この場所に他の所から持ってきた物を入れたくなかったので、倒れている木や放置されてる木で制作しました。


山や森に入るとどこからか分からないですが視線を感じる事ってありませんか?
そんな視線の主であろう「山や森にいる得体の知れない何か」です。
笑っている者もいれば怒っている者も泣いている者もいます。
そんな得体の知れない何かの視線を感じて頂けたら幸いです。




柳 哲也

1974年生まれ 広島県出身 三重県在住



個展

2002年 (画廊喫茶Parus/三重)
2004年 (アートギャラリー白揚/三重)
2007年 (K.ArtMarket/愛知)
2012年 (K.ArtStudio/愛知)
2015年 (覚王山アパート/愛知)

グループ展・イベント

2016年

48展2016(騒ギニ乗ジテ Gallery Bar/大阪)
陽だまりの工房(岐阜市文化センター/岐阜)
souce(ART Lab OMM/大阪)
クリエーターズマーケットvol.34(ポートメッセなごや/愛知)
つくし賞・つくし堂(セントラルギャラリー/愛知)
UNKNOWN ASIA(ハービスホール/大阪)
あかマルシェ(中之島公園/大阪)
For Beautiful Human Life vol.4
(ハートフィールドギャラリー/愛知、ドゥ・ギャルリー/愛知)
ファインアートコレクション イン クリスタルサロン
(西宮阪急クリスタルサロン/兵庫)
PAINT50 vol.4(PIギャラリー/愛知)
タツコン2016(GALLERY龍屋/愛知)

2017年

FOCUS UNKNOWN ASIA GROUP SHOW(DMOARTS/大阪)
タツコン BEST HIT 20(GALLERY龍屋/愛知)




Twitter:tetsukov180

作家紹介へ戻る