遺され村の美術展


渡部真由美


作品紹介


タイトル 「すぎさん」

神様は信じてないけど、神様のようなものは信じていて、それはどんなものにも宿っているんだろうと思う。ふと目にするあらゆるものに対して意識を向けた時、そのものと自分の間には関係が生まれ、無関係ではなくなる。無意識にも脳裏に刻まれた関係が積み重なってゆくことは自分が生きている証のようで、それによって生かされているような気もする。ここには山や川があって、沢山の杉葉や枝や石が落ちていて、私にはそこにさえも神様のようなものが宿っているように感じる。それにさえも生かされているように感じるのです。




プロフィール


1983年大阪府生まれ
2007年より国内外での展覧会やアートイベントに出展
視点が変わることによって見えてくる事象や気付きを自身の感覚や思想によって技法や手法にとらわれることなく表現する

http://wtnbmym.wixsite.com/watanabemayumi


作家紹介へ戻る