遺され村の美術展


嵯峨雅彦


ウェルカムハウスに入るとすぐに目につく襖絵は、伊藤若冲を思わせる精緻で鮮やかな鶏図です。作家は京都市在住のグラフィックデザイナー。描画ソフトで作成したデジタル画像ですが、かなり手の混んだ仕事で作家の強い意志を感じます。

(文責 亜蛮人)



作家紹介へ戻る