遺され村の美術展


入木りょう


和紙にインクを滲ませてできるシミ模様に、墨汁で加筆しています。意識の底にあるものが自然に浮き出るような作品を目指していますが、長く使わない物置小屋の薄ら明かりの中で見ることでそのコンセプトが明確になるかと思います。

(文責 亜蛮人)

http://www.art-marche.jp/2015/artist/ryo-iriki.php


作家紹介へ戻る